【城フェス】とは?

ロゴ

【城フェス】へようこそ。

小学2年生のとき城を訪れて虜になり、趣味が高じて仕事になった、
城フェス実行委員長 の萩原さちこ(城メグリスト)です。
書籍の執筆を中心に、テレビ・ラジオ・トークイベントへの出演、
講演、講座、城めぐりツアーの企画やガイドなどをしています。

ただの城ファンにすぎなかった私が、熟考した末に抱いたのが、
○城のすばらしさを自分ならではの表現で伝えたい
○城を通じてコミュティをつくりたい
○城をエンターテインメントと捉え、ビジネスコンテンツにしたい
という3つのミッションです。

それを形にするプロジェクトの立ち上げを模索していたとき、
仕事仲間であり飲み仲間でもある、歴史コンテンツメーカー・かみゆの滝沢さんが
コンセプトに賛同し、共催を申し出てくれました。
お互いのキャリアとノウハウを生かして、新たな城メディアをつくろう―。
こうして、【城フェス】は誕生しました。

私たちが【城フェス】で取り組みたいことは、
コミュニティづくりやイベントプロデュースにとどまりません。
「城フェスって何をするの?」と疑問に思われるでしょうが、決まっていません。
なんでもアリ、が定義だからです。
楽しみ方も魅力もさまざまで奥深い城だからこそできる、科学反応を起こしたいのです。
城というキーワードで、日本中のあらゆる人とあらゆるモノをつないでいく。
それが【城フェス】のミッションです。

【城フェス】は、それ自体がコミュニティです。
“参加”と“体験”をキーワードに、誰もが自由に出入りできるソーシャル・パークを目指します。
「城フェスで教室をしたい」「商品開発をしたい」などのアイディアも大歓迎です。

文化財保護や地域活性化に携わることも、城を愛する私たちの夢です。
全国の自治体や企業とのコラボレーションを目指し、
日本中の城と地域をフラットな視点で見てきた私たちだからできる、
趣味の域で終わらない活動と城ビジネスを考えて参ります。

マニアが集う閉鎖的な世界、という壁をぶち破り、新たな城ワールドの確立へ。
みなさまもそれぞれの形で自由に【城フェス】に参加していただければ幸いです。

最後になりましたが、独立時から私の言葉に真剣に耳を傾け
ご協力くださる滋賀県立大学教授の中井均先生をはじめ、
賛同し応援してくださるみなさまに心からお礼申し上げます。
これからも【城フェス】の成長を見守り、一緒に育ててやってくださいませ。

 

pro

2013年4月6日(シロの日)
城フェス実行委員長
萩原さちこ