城フェス vol.6 inTOKYO レポート

46fes025

城フェス vol.6 in TOKYO、前売券が早々にSOLDOUTという超満員の大盛況でした。
北海道、北陸、東海、九州まで、130名超の全国の城ファンのみなさんにお越しいただきました。
4.5時間のロング開催でしたが、
「あっという間だった!」「もっと聞きたかった」というご感想も多く、
スタッフ一同、ひと安心しています。ただただ、感謝のひと言です。
ご来場いただいたみなさま、ゲストの方々、本当にありがとうございました。

 

■開催概要
日時:2015年6月21日(日)10:30〜15:00(10:00OPEN)
場所:東京カルチャーカルチャー http://tcc.nifty.com/
出演:中井均(滋賀県立大学教授/城郭研究家)、加藤理文(織豊期城郭研究会/城郭研究家)
畠中和久(城郭写真家)、二宮博志(城郭復元マイスター)
萩原さちこ(城郭ライター・編集者/城フェス実行委員長)
滝沢弘康(かみゆ歴史編集部/城フェス実行委員)
チケット代:前売¥2,900 / 当日¥3,500(共に1オーダー必須)

■タイムスケジュール
【第1部】
1.城フェスvol.6スタート!〜実行委員長よりご挨拶&乾杯〜
2.中井先生&加藤先生&萩原さちこ スライド&トーク①「韮山城&天ヶ岳レポート」
3.中井均先生講演「戦国城郭の石垣」
4.山城100名城投票ランキング中間発表
【第2部】
5.萩原さちこ講演「城めぐり最前線レポート〜ARとレーザー測量導入〜」
6.第1回城フェス フォトコンテスト
7.畠中和久さんスライドショー&トーク
【第3部】
8.中井先生&加藤先生&萩原さちこ スライド&トーク②「小笠山砦&高天神城レポート」
9.加藤理文先生講演「徳川の城?武田の城?」
【第4部】
10.二宮博志さん「城ラマ」トーク
11.山城100ランキング発表

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

46fes062

1.城フェスvol.6スタート!〜実行委員長よりご挨拶&乾杯〜
すっかりおなじみの中井均先生&加藤理文先生とカンパイ!
朝から守りに入らずお酒を楽しんでいる方が多くてうれしくなりました(笑)

 

46fes073 46fes076 46fes068
46fes077 46fes080 46fes078

2.中井先生&加藤先生&萩原さちこ スライド&トーク①「韮山城&天ヶ岳レポート」
笑いアリ、真面目なお話アリのトークショー。
「日本の山城100名城」で書ききれなかったことをトークする予定でしたが…
結局のところ書いてあることが中心になってしまいお話しきれないことだらけでした。
城での話は尽きませんね。

 

46fes100 46fes102 IMG_3459
46fes094 46fes103 46fes107

3.中井均先生講演「戦国城郭の石垣」
以前中井先生とお話をしたときにうかがった、
<近畿地方における石垣の発祥や使われ方、地域的な違い>というお話がとてもおもしろいと感じ、
このテーマでのご講演をお願いしました。
が、近畿地方にとどまらず、全国の城や寺院の事例を取り上げ、
技法の違いやルーツを探るというスケールの大きなお話をしてくださいました。
、、、時間が短すぎましたね。
萩原も、加藤先生と画面に食い入っています。
難しく感じた方もいるかもしれませんが、写真をたくさん用いてのお話でしたから、
その違いのようなものは感じ取れたのではないでしょうか。
「中井先生の石垣写真コレクションを見ているだけで圧倒された」という感想もありました。

 

46fes116 46fes120 IMG_3462

4.山城100名城投票ランキング中間発表
前哨戦となるインターネット投票の上位25位からの決選投票とランキング予想大会<城toto>に向け、
インターネット投票の上位10位を発表。
中井先生は25位内に鎌刃城が入っていて喜んでおられました(笑)
※鎌刃城は中井先生がかつて国史跡への指定に尽力された城です。

 

46fes135 46fes004 46fes008
46fes005 46fes137 46fes136

休憩時間。
出演者の書籍販売コーナーと二宮博志さんによる城ラマのデモンストレーションで大盛り上がり。

 

46fes144 46fes160 IMG_3461

5.萩原さちこ講演「城めぐり最前線レポート〜ARとレーザー測量導入〜」
萩原からは、箸休め的に城に導入されはじめたARとレーザー測量の紹介を。
新たな技術によって、間接的にではあっても
城ファン及び一般人にとってよい影響があるといいなと思います。
ARのところで紹介した「浜松城「出世城開運 石垣クランチ」」が
偶然にも加藤先生ご提供の城toto景品で笑ってしまいました。

 

46fes172 46fes175 46fes180
46fes187 46fes192 46fes194
46fes195
46fes196 46fes202
46fes205 46fes206 46fes214
46fes207 46fes213 46fes219

6.第1回城フェス フォトコンテスト
特別審査員として、城郭カメラマンの畠中和久さんがご登壇。
城フェスフォトコンテスト、なんと116点の応募がありました!
中井均先生賞、加藤理文先生賞、畠中和久さん賞、萩原さちこ賞と
各審査員のベスト3作品、及び入賞24作品はこちらのページで発表しています→
畠中さんのコメントも楽しかったですね。
プロ視点のコメントは、写真撮影が好きな方には貴重だったのではないでしょうか。
中井先生や加藤先生が撮影した写真の披露(加藤先生は4点も!)も。
おふたりのエピソードやトークも大爆笑でした。

 

46fes222 46fes223 46fes225

7.畠中和久さんスライドショー&トーク
城フェスのためにつくってくださった、
戦国期の敗者の城を撮影した写真動画「破れし城」を上映。
物音が消えた数分間。会場の静けさに鳥肌が立ちました。
感涙した方もいたようです。

 

「破れし城」城郭写真家 畠中和久作品

 

46fes235 46fes239 46fes242
46fes255 46fes260 46fes274

8.中井先生&加藤先生&萩原さちこ スライド&トーク②「小笠山砦&高天神城レポート」
中井先生&加藤先生コンビの漫談のような掛け合いも絶好調に(笑)
この軽妙トークをお届けしたい、というのも私が城フェスを催す一因です。
小笠山砦を両先生と歩けたことは、私にとって有意義でただただ楽しい時間でした。
私のような城ファンは城を単体として見たときの整合性や構造に気を取られがちですが、
そういう視点で歩くと、ここはいわゆる塹壕なのでとても混乱します。
城といってもさまざまな役割と用途があり、見方が違うことを教えてくれます。
高天神城は、加藤先生の“庭”。ディープに歩けました。
このコーナーも、もう少し時間を取りたかったです。

 

46fes277 46fes280 IMG_3460

9.加藤理文先生講演「徳川の城?武田の城?」
加藤先生にはこのテーマで講演を!と決めていました。
会場のみなさんもかなり集中して聞き入っていましたね。
丸馬出し=武田、じゃないという、驚くも納得の新視点。
駿府・遠江の城の事例を辿っていくと、一筋縄ではいかない城の変遷のおもしろさがあります。
繰り返される争奪のなかで、技法は継承され改造されていくんですね。
「韮山城&天ヶ岳レポート」のところで3人の会話に登場したように、
もはや文化ともいえる、築城者の築城セオリーのようなものが見えるのもおもしろい。
しかしそう考えると、あまり一般的には語られていない“徳川の城”があるわけで…
私は加藤先生にこのテーマで1冊書いていただきたいなと個人的に訴えているのですけれどもね。
その願いは叶わずとも、またお話は聞きたいなと思ったのでありました。

 

46fes295 46fes297 46fes299 46fes300

10.二宮博志さん「城ラマ」トーク
休憩を挟んで、「城ラマ」の製作者、二宮博志さんがご登壇。
城ラマの誕生・制作秘話をお話いただきました。
長篠城、高天神城に次ぐ第3弾・竹田城が楽しみです!

 

 

46fes304 46fes307 46fes310
46fes311 46fes313 46fes316

11.山城100ランキング発表<城toto>
最終決戦投票の上、豪華景品をかけてランキング上位5位を予想する城toto。
中井先生からは景品として安土城グッズや中井先生作図の玄蕃尾城縄張プリントタオル、クリアファイルなど。
加藤先生からは浜松城 出世城開運石垣クランチと非売品の冊子、
畠中さんからは畠中さん撮影写真の特製パネル、二宮さんからは城ラマ、
萩原からは熊本城グッズセットをプレゼントいたしました。
やはり強かったです、1位は竹田城。2位山中城、3位安土城。
詳しい山城ランキング結果はこちらのページをどうぞ→

 

46fes322 46fes325 46fes327
46fes329 46fes342  46fes349

感動のフィナーレ。
終演後も会場はサイン会や出演者の方たちとのお話で盛り上がりましたね。
4.5時間という長丁場にも関わらず、そして午前中からお酒を飲んでいる方が多いにも関わらず
壇上から見る限り、誰ひとり寝ている方がいなかったのがうれしかったです。

 

46fes335 46fes348 10941905_599078520194704_5993301886779873955_n

城totoで城ラマをゲットした中村浩文さん(写真左)。いい笑顔です!
今回の最年少参加者は小学生の男の子でした(写真中)。彦根城が好きなのだそうです。

 

城フェスvol.6アフターパーティー

46fes373 46fes369 46fes364
  46fes388 46fes366 46fes394
46fes402 46fes407 46fes408
46fes410 46fes411 46fes422

場所を変えて、2時間のアフターパーティー。
トークイベントは壇上からの一方通行になってしまうので、
ゲストのみなさんとお話したり、参加者同士で交流を深める場になればと思い開催しています。
ひとり参加の方は気が引けるかもしれませんが、勇気を出してぜひご参加くださいね。

 

 

城フェスvol.6 in TOKYOの動画

 

Broadcast live streaming video on Ustream

Broadcast live streaming video on Ustream

 

Twitterのまとめもどうぞ

ビギナーからマニアまで大満足の4.5時間!『城フェスvol.6 in TOKYO』 →
城フェスいってきましたー!! →
満員御礼!城フェスvol.6 inTOKYO→

 

ーーーーーーーーーーー

 

みなさまからのアンケートをご紹介します(一部抜粋)。
ご協力ありがとうございました。

・コンテンツの数は減らしても良いので、1つ1つじっくりやってほしい。(神奈川県・30代・男性)
・今回3回目の参加ですが、毎回グレードが増して楽しい。(埼玉県・30代・女性)
・各先生方の持ち時間が少ないと思った。(滋賀県・60代・男性)
・初参加。山城にあちこち行ってみたくなりました。(北海道・40代・女性)
・ディープな分野から気軽に楽しめるところまで盛り沢山。
中井先生のお話をもう少し聞きたかった。(千葉県・30代・男性)
・初心者にも楽しめてよかった。畠中さんのムービーすばらしかった。(新潟県・40代・女性)
・コンテンツ数が多いので長く感じなかったです。講演がやっぱりよかった。(大阪府・30代・女性)
・盛り沢山すぎた気もするけど、このくらいスピーディーに話題が転じていた方が、
初心者にも面白く見ていられる。(愛知県・40代・男性)
・中井先生、加藤先生のコンビが楽しすぎる(東京都・40代・女性)
・素人も玄人も置いて行かれない。先生方の色々な視点が楽しかった。(千葉県・30代・女性)
・加藤先生の講演、もっと突っ込んだ内容を聞きたいと思った(神奈川県・40代・男性)

多様なプログラムで時間を長く感じなかった、
しかしひとつひとつの時間が少し足りなかったというご意見が多かったです。
リクエストは、圧倒的に「先生たちと一緒に山城へ行きたい」というものが多かったです。
私としても、もっともやりたいことです。実現できるようがんばります。

城フェスvol.7でお会いしましょう!

 

文/萩原さちこ(城フェス実行委員長)
写真/中島明菜、萩原さちこ